八王子の公園/アドベンチャー体験

八王子の公園-第18話-3
アドベンチャー体験ができる場所
長沼公園/小峰公園/高雄の森わくわくビレッジ/今熊神社/松姫古道
b0123486_17560043.jpg
八王子の大きな自然公園には管理センターのある一部公園を除いて基本的に園内に売店や自販機はありません。飲み物・食べものは自分で用意する必要があります。街灯がない場所も多く、陽が暮れると真っ暗です。里山の自然に親しめるとともに中には軽い山登りとも言える険しい山道のある公園は小さいお子さんには不向きですが、ちょっと大きくなったお兄ちゃんお姉ちゃんに自然体験させるのにぴったり。今回はそんな場所をご紹介します。ブランコやすべり台で遊ぶだけが公園じゃありません。その昔は同じような山道を商人たちが荷物を担いで行き来していたんですから。

長沼公園/長沼町

園内に尾根が7本もある起伏に富んだ長沼公園、武蔵野の面影を残す雑木林の園路はほとんどが歩きやすい平坦な道です。近所の小学校が自然教室を開く時に使う「霜降の道」などは石畳で舗装されており、中腹から上ではヤマユリなど山野草の花が咲き、小鳥たちのさえずりが聴こえる素敵な場所。そんな長沼公園にも険しい山道があります。森の中に現われる幅の狭くて急な丸太階段。「殿ヶ谷の道」と分岐する「井戸たわ尾根」です。(クリックで拡大)
b0123486_15441276.jpg
尾根ですから両側の茂みの先は切り立った崖です。道は木の根っこでデコボコ。(クリックで拡大)
b0123486_15474828.jpg
ハシゴ?と言っていいくらいの急な丸太階段。つかまれるようなロープは張られていないのです。(クリックで拡大)
b0123486_15511764.jpg
尾根道を登りきって下を見るとこんな感じ。とても下りられそうもありません。(クリックで拡大)
b0123486_15542924.jpg

金剛の滝/上川町

金剛の滝へ歩いて行くため、あきる野市の小峰公園に入りました。里山の散歩道といった感じのおだやかな山道です。
b0123486_16060775.jpg
園内あちこちに立っていたのは「マムシ注意!!」の警告看板です。とにかく本数が多いのが恐怖。「もし噛まれても…あわてないで!」に続いて消防署と病院の電話番号が記載されていました。慌てるに決まってるじゃないの!(クリックで拡大)
b0123486_16095585.jpg
園路を歩いていくと「今熊分岐」のあたりで「坂沢林道」に入ります。ここから金剛の滝までは足元が雨でえぐられ丸太が浮き上がった急階段。手すりことあるもののスニーカーだとちょっと恐いです。(クリックで拡大)
b0123486_16174954.jpg
逆川まで下りたら川原を上流に歩いていきます。渓流にかかった苔むした木橋を渡って…。ミシミシいってました。
b0123486_16212606.jpg
江戸時代の修験道者が掘ったという岩の洞窟トンネルをくぐった先が雄滝です。金剛の滝は上下2段の雄滝(おだき)雌滝(めだき)のほか、もう1つ小さな滝があるようですね。
b0123486_16351890.jpg
落差12メートルの金剛の滝に着きました。滝の左側斜面に祀られているのは金剛力士像。(クリックで拡大)
b0123486_16385095.jpg

高尾の森わくわくビレッジ/市川町

都立八王子高陵高校跡地を再利用してできた高尾の森わくわくビレッジ。陶芸室、木工室、体育室のほか、カフェテリアや宿泊施設まで備えた体験型学習施設です。中庭にそびえ立っているのが、高さ15mの巨大アスレチック施設・プロジェクトアドベンチャーのハイエレメント。1本1本が電信柱くらいある丸太の集合体です。一般的な電信柱は最長のもので16m、うち6分の1は地面に入っているので、地上高約13m。あら?電信柱より高い!(クリックで拡大)
b0123486_16514728.jpg
よく見ると、丸太のあちこちに突起が付いていて、縄がぶら下がっている場所もある。ここを上り下りするのです。しかも人間が恐怖を感じる高さに設計されているそう。うへーー!(クリックで拡大)
b0123486_16554891.jpg
ハイエレメントは地面から人力でよじ登っていくそうです。この日はちょうど学校の先生たちが体験中でした。頼りなさげな赤い命綱1本で女性が上がっていきます。この後、右に張っているスケスケのロープの橋を渡っていき、途中でもう一人とすれ違います。仲間を信頼して渡るのが体験の骨子だそう。もちろん、指導員さんが付いた状態じゃないと体験できません。(クリックで拡大)
b0123486_17023749.jpg

今熊神社/上川町

ミツバツツジで有名な今熊神社。今でこそ麓に御本殿がありますが、昭和17年(1942年)までは今熊山の山頂にあったそう。その後御本殿が焼失し、昭和51年(1976年)現在地に再建されました。今でも登拝道が残っていて山頂まで上がることができます。4月初旬の花の見頃には登拝道から見下ろす景色が絶景です。(クリックで拡大)
b0123486_17232766.jpg
登拝道は麓の今熊神社(標高287m)から山頂の今熊神社本殿(標高505m)までの間で標高差が218mもあります。なんと55階建ての高層ビルを階段で上るのと同じ。もちろん今はほとんど使われていない道なので、ところどころ岩が剥き出しで、ロープなどもありません。(クリックで拡大)
b0123486_17290218.jpg
山頂の今熊神社旧御本殿は今でも地元の方たちが手入れをされているようで、真新しいしめ縄がかけてありました。写真を撮りながら歩いて約30分でした。(クリックで拡大)
b0123486_17333706.jpg

松姫古道/下恩方町

下恩方の心源院様本堂の裏手から尾根伝いに八王子城址・小宮曲輪に出る道が「松姫古道」です。尾根伝いに森の中を歩いていくコースなので、途中の起伏は少なく歩きやすい道です。途中、「向山北砦」や「大六天」などの見晴し台や、休憩所があって、休み休み歩いて約1時間。公園の園路と違って案内標識の数も少ないですが、要所要所に道しるべが立てられているので迷子になる心配はありません。
b0123486_17480766.jpg
最大の難所はゴール近くの急坂です。台風の影響で足場が崩れているため、ロープにつかまって降りないと滑って転んでしまいます。(クリックで拡大)
b0123486_17511587.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------------------

木々の間の道を歩いていると時間を忘れます。爽やかな空気、静かな中で小鳥たちのさえずり。八王子は海こそないけれど、森林浴をするのに絶好の場所がいっぱいあります。
b0123486_21330762.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------------------
公園巡り
第1話:「公園のおもしろ遊具巡り」
第2話:「里山の雑木林を巡る」
第3話:「アドベンチャー体験ができる場所」(当記事
第4話:「水辺のある公園を巡る」
第5話:「八王子八湧水を巡る」

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2019-03-19 16:00 | 八王子の公園

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30