八王子見て歩記/松姫古道を歩く-4

松姫古道を歩く
第4話:三叉峠〜北条氏照の墓所(途中)〜つつじ台
b0123486_13582475.jpg
見晴し台である大六天を過ぎた後、松姫古道はずっと森の中の道でした。案内板は休憩所付近にしかなくなり、木に塗られた2本の白線が頼みの徒歩コースです。踏み分け道もだんだん薄くなっていくし、途中すれ違った人は一人もいません。木々の間から聴こえてくる野鳥のさえずりに癒されながら、先へ先へと進みます。

三叉峠

石割松を過ぎたあたりから、踏み分け道の痕跡が薄くなってきました。人が踏み固めるより、落ち葉が積もる方が多いというか。この辺はあんまり人が歩かないんでしょうね。木の白線がなかったら迷子になりそうです。
b0123486_14091890.jpg
前方の高台に上がったら、そこが三叉峠でした。案内標識には戻り道は心源院へ、八王子城址は右方向とあります。では、写真の中央・奥へ進む道は?(クリックで拡大)
b0123486_14183249.jpg
標識によると「北条氏照墓」と書いてあります。北条氏照の墓所は、八王子城址と宗関寺の間の山中にあったはずです。行きたいのは山々なれど、松姫古道からは外れるコース。う〜〜ん、どうしようかな。
b0123486_14271436.jpg

北条氏照の墓所(途中まで)

いや、松姫古道から歩くと意外に近道かもしれない。試しに行ってみよう!北条氏照墓所までの道は尾根伝いに歩くコースでした。目印として木に白い帯が書かれているし、踏み分け道もはっきり分かるし。これなら問題なく着けるだろうと考えていました。
b0123486_09085750.jpg
ちょっと先まで歩くと印象は一変します。道のまん中に木が生えているし。
b0123486_09113920.jpg
折れた枝が積み重なっていて、足元は不安定だし。
b0123486_09135900.jpg
倒木で道が塞がれている場所もありました。
b0123486_09160578.jpg
前方が小高くなっているので、やっと着いたかと思ったら。
b0123486_09201680.jpg
森の中に緑色のフェンスがありました。まだ墓所まで遠そうだ。ここまですでに10分ほど歩いています。どのくらい先にあるか分からないので、途中で引き返すことにしました。
b0123486_09250967.jpg
帰ってからGoogleMapで調べてみたら、北条氏照の墓所までの道の約半分くらいは歩いたようです。松姫古道は心源院様〜八王子城址までのコースですので、墓所までのルートはいわば寄り道です。※地図上のルートは想像で書いていますので、間違っていたらごめんなさい。(クリックで拡大)
b0123486_11190146.jpg


つつじ台

小さな白い道標は、八王子城址方向を示しています。ここまでの道は多少の上り下りはありましたが、谷地に下りることはなく歩きやすい道でした。これでロープ柵が張ってあったら公園の園路みたいです。
b0123486_10113775.jpg
左右に木が立ち並んだ森の道。松姫古道も折り返し地点を過ぎて、残り半分くらいでしょう。
b0123486_10145081.jpg
丸太階段が高台へと続いています。さて、上に何があるか。
b0123486_10173774.jpg
上は「つつじ台」休息所でした。案内板の裏には「誰かのために 2018・4」とありました。
b0123486_10204971.jpg
丸太のベンチが1基置いてありました。歩くだけでも大変だったこの場所に、整備されている方は工具を持って上ってきたのです。本当におつかれさまです。
b0123486_10240025.jpg
つつじ台を後にして、八王子城址を目指します。
b0123486_10370490.jpg
杉木立を縫う山道

つつじ台から落ち葉の積もった下り坂を降りていきます。尾根道とはいえ、多少の上り下りはあるのです。足元が滑るので、木に掴まりながら降りました。
b0123486_10581085.jpg
赤い標識は「境界見出標」です。ここから別の山になるよというサイン。山の名前は書いてありませんでした。八王子城址のある八王子城山(はちおうじしろやま)は標高446メートルですが、このあたりはまだ350〜360mくらいでしょう。
b0123486_11211806.jpg
杉木立の道は高尾山を歩いているようです。また、赤い境界見出標が。
b0123486_11370596.jpg
森の中の休息所がありました。丸太をゴロンと横に寝かせたベンチが野趣豊かです。
b0123486_11404666.jpg
高台へ上がっていく道です。たぶん、この先に休息所か道標があるでしょう。
b0123486_11444032.jpg
第5話では、北条氏照墓所分岐〜標高368mの休息所〜八王子城址・柵門跡をご紹介します。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

ここまで歩いてきて、道に迷うことはありませんでした。分かりにくい場所では木に白いペンキが塗ってあるし、道標もあちこちに立っています。写真は杉木立の中の分岐。右に入る道は作業道だそうです。(クリックで拡大)
b0123486_11513719.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------------------
取材協力:深澤山心源院(八王子市下恩方町1970)

松姫古道を歩く
第1話:高尾駅北口〜心源院〜松姫古道登山口
第2話:第1見晴し台〜切り株の頂上〜倒木の尾根〜向山北砦
第3話:森の中の休息所〜大六天(見晴し台)〜石割松
第4話:三叉峠〜北条氏照の墓所(途中まで)〜つつじ台(当記事)
第5話:北条氏照の墓所分岐〜標高368mの休息所〜八王子城址・柵門跡

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2018-12-04 16:00 | 八王子見て歩記

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28