八王子見て歩記/川口古墳(後編)

後編:今はなき川口古墳
川口古墳/川口町
b0123486_14205048.jpg
前回、空振りに終わった川口古墳の撮影。所在地をネットで検索すると、川口東郵便局の崖下と出てくるのですが、どうやらこれが間違いらしい。困った時の八王子郷土資料館様頼みということで、学芸員の方にお聞きしてみました。「新八王子市史 通史編1 原始・古代」の本文中に記載されている所在地表記に間違いがあり、正しい場所は資料編の方で確認してくださいとのこと。郵便局の近くではありませんよ、というお話しでした。東京都遺跡地図情報インターネット提供サービスで確認すると松枝小学校のすぐ近くです。川口古墳は「松枝小学校西交差点」付近にあったそうですが、発掘当時にはすでに耕作により墳丘が削平されており、石室の一部は露出していたといいます。
東京都教育委員会の「東京都遺跡地図情報インターネット提供サービス」は、「上記の利用条件の全てに同意しますか?」に「同意します」をクリック後、名称に「川口古墳」と入力して検索します。

唐松バス停
前回探したのは「山口やまゆり館バス停」付近でした。今回郷土資料館様に教えていただいた正しい所在地は、秋川街道を150mほど八王子駅寄りの「唐松バス停」です。すでに古墳はなく、民家が建っていますよと教わりました。八王子の古墳の多くは耕作地の中にあって、長い年月の間に壊されて畑になってしまったり、上に建物が建ってしまっているそうです。
b0123486_11012661.jpg
路線バスで行く場合は、京王八王子駅3番乗場から「西東京バス (秋02) 川口小学校行」に乗車して「唐松バス停」下車、乗車時間約26分、運賃は330円です。バスは日中1時間に6本程度出ています。右側のフェンスは松枝小学校。
b0123486_14223032.jpg
松枝小学校西交差点

「唐松バス停」のすぐ先に「松枝小学校西交差点」があります。
b0123486_14462268.jpg
目指す川口古墳へは、住宅街の坂道を降りていきます。
b0123486_14480281.jpg
道路側から見た川口古墳跡

個人の住宅敷地内ということもあり、外側から川口古墳跡を撮りました。まずは道路側からの眺め。擁壁のある高台の上に古墳があったそうです。
b0123486_14543504.jpg
高台そのものが古墳の一部というわけではありません。上の台地に古墳があったそうです。
b0123486_14573981.jpg
畑側から見た川口古墳跡

低地側が畑になっていたので、裏側から撮ってみました。地形がよく分かると思います。まず高台の左側。左端に見えるクリーム色の建物は川口東郵便局。前回間違えて探したところです。
b0123486_15035666.jpg
高台の中央。秋川街道は、この高台の上を通っています。
b0123486_15090252.jpg
最後に高台の右側。川口古墳は高い木のある場所の少し奥にあったそうです。
b0123486_15104642.jpg
川口古墳について

川口古墳は昭和31年(1956年)8月に甲野勇氏の指導によって発掘されました。古墳の石積みは鹿島古墳とひよどり山古墳の主体部に似ていることが指摘されています。河原石を小口に積んで構築された石室は、玄室が南北1m、東西3.5m。奥壁は20cm×70cmの石を置いて、その上に2〜3個の石が並べてありました。石室の平面形は長方形だったと報告されています。石室は北から31度東に傾いていて、古墳の規模は不明でした。主体部からは小刀2点のほか、鉄鏃などが出土しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

八王子市の公式ホームページでは各古墳の所在地がほとんど明記されていません。このあたりの事情をお伺いしたら、民間の土地なので見物人などが訪れては住民の方にご迷惑がかかるというお考えからでした。もし、古墳所在地を知りたい場合は、「新八王子市史 通史編1 原始・古代」の資料集をご覧くださいとのこと。気配りが必要なんですねぇ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
取材協力:八王子市郷土資料館
参考資料:新八王子市史 通史編1 原始・古代

川口古墳(2話)
前編:「古墳はいったいどこにあるの?」
後編:「今はなき川口古墳」(当記事)

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2018-09-11 16:00 | 八王子見て歩記

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28