八王子見て歩記/第39回高尾梅郷梅まつり-5

第39回 高尾梅郷梅まつり(第5話)
斜面に梅の花咲く天神梅林
b0123486_13021857.jpg
模擬店があった天神梅林会場と天神梅林は別の場所になります。天神と名前に付く通り、正式名称は菅原道真公を祀った高尾天満宮。道真公は学問の神様として有名で、梅の花を観賞するのと同時に学業成就もお願いしちゃいましょう。なお、この梅林には模擬店、「観梅記念スタンプハイク」、トイレなどはありません。

荒井梅林から天神梅林まで

荒井梅林から天神梅林までは、一度、蛇滝口に戻って旧甲州街道を歩いていきます。バス停には行列ができていました。古い旅籠のような木造の建物は、かつて使われていた高尾山参りの修験者の宿泊所です。
b0123486_13210466.jpg
宿泊所の横にある湧水。今年は例年に増して水量が多いようです。コップが置いてあるので、ちょっと一服。冷たくて甘味のある湧水です。
b0123486_13234597.jpg
蛇滝口から天神梅林までは徒歩約3分ほど。荒井梅林からでも約8分です。旧甲州街道に沿って小仏川が流れており、天神梅林は向こう岸にあります。
b0123486_13315099.jpg
向こう岸に梅の花と、梅林の中を歩く人が見えました。あそこが目的地の天神梅林です。
b0123486_13334700.jpg
ガードレールの切れ目に梅まつりの立て看板が立っていました。
b0123486_13380367.jpg
小仏川を「梅郷橋」で渡って天神梅林に到着しました。
b0123486_13491944.jpg
天神梅林会場と天神梅林との位置関係は下の地図のとおりです。(クリックで拡大)
b0123486_13530765.jpg
天神梅林

上にある天神様までは、坂道で1本道の参道です。すれ違うのがちょっと大変。
b0123486_14055637.jpg
頂上の一段高いところに高尾天満宮があります。皆さん、行列に並んで上っては参拝。
b0123486_14093675.jpg
高尾天満宮の由来が紹介されていました。(クリックで拡大)

高尾天満宮の由来

御祭神菅原道真公は平安中期の学者、政治家
で菅原是善の三男に生れ十一才で詩を作り、
父を驚かせたと言う、八七三年宇田天皇は醍醐天皇に
譲位の際、道真一人を相談相手としたと言う。八九三
年、時平は左大臣、道真は右大臣に任ぜられ、吉備
真備(きびのまきび)に次ぐ学界出身の大臣となった。
当時としては実に破天荒な出世であり、藤原氏や
学閥の反感は大きく九〇一年(延喜一年)道真は天皇
の廃位をはかったかどで左遷された。九二三年罪を取
り消され九九三年に正一位太政大臣を贈られた
以後、道真は天満天神として祭られ、文道の神として
異例の尊宗を受けている。
当社は高尾山麓(この地)に数百年鎮座せられ、この
近郷住民の信仰の的であったと言う。近年は学業
成就、交通安全の祈願に参詣する人が多い。

天満宮
b0123486_14503817.jpg
今年も献歌台が置かれていました。道真公といえば、拾遺和歌集の「東風吹かば にほひおこせよ梅の花 主なしとて 春を忘るな」で有名ですね。ご本人は梅の花が大好きだったそうで、他にも「ふる雪に 色まどはせる梅の花 鶯のみや わきてしのばむ」「梅の花 紅の色にも 似たるかな 阿呼がほほに つけたくぞある」などの和歌も残しています。
b0123486_14193786.jpg
天神様から梅林を降りていくと、これから観梅する方が何人も上がっていらっしゃいました。一通り梅郷巡りしたいですものね。
b0123486_08161996.jpg
天神梅林を後にして、旧甲州街道に戻りましょう。左は「梅郷橋」、右の階段方向は自然路経由で遊歩道梅林です。
b0123486_14304106.jpg
「梅郷橋」から見下ろした小仏川の清流。透明な湧き水が次々と川に流れ込んでいます。小仏川は高尾駅付近で南浅川と合流、八王子市役所あたりで浅川と合流し、さらに下流で1級河川多摩川に合流します。浅川は多摩川に流れ込む支流のうちで2番目に大きな川と言われています。(クリックで拡大)
b0123486_08331092.jpg
梅郷橋を渡って、関所梅林を目指します。お父さんと息子さんの二人連れとすれ違いました。これから天神梅林を見に行くのでしょう。後になって思えば、子どもの時期は一瞬です。お二人の良い思い出になりますように。。
b0123486_08385597.jpg
次の会場は、毎年色々なイベントでにぎわう天神梅林です。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

天神梅林の梅の枝に献歌された色紙が何枚も掛かっていました。私のお気に入りは「ドーナツ! スタンプラリー 梅祭り」です。のびのびとした句ですね。詠み人はお子さんかしらん。この「ドーナツ!」って、摺差のおからドーナツのことだと思います!見てたらなんだかお腹が空いてきました。
b0123486_14265063.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------------------

第39回高尾梅郷梅まつり
第1話:「高尾駅からバスで木下沢梅林へ」
第2話:「徒歩で湯の花梅林会場へ」
第3話:「すぐお隣りの天神梅林会場へ」
第4話:「隠れた穴場、荒井梅林」
第5話:「斜面に梅の花咲く天神梅林」(当記事)
第6話:「江戸時代の関所跡が梅林に、関所梅林」
第7話:「小仏川の岸辺に梅の咲く、遊歩道梅林」
第8話:「スタンプラリーのゴール、小名路会場」

第37回 高尾梅郷梅まつり(4話)
第1話:「バスで直接小仏へ」
第2話:「満開の木下沢梅林」
第3話:「模擬店巡り/湯の花梅林会場〜天神梅林会場」
第4話:「模擬店巡り/関所梅林会場〜小名路会場」

第36回 高尾梅郷梅まつり(3話)
前編:「スタンプハイク/遊歩道梅林〜関所梅林」
中編:「スタンプハイク/天神梅林〜湯の花梅林」
後編:「年に一度の特別開放/木下沢(こげさわ)梅林」

高尾の梅の里(2話)
前編:「西浅川児童公園〜遊歩道梅林〜天神梅林」
後編:「関所梅林〜荒井梅林〜湯の花梅林〜小仏梅林」

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2018-04-17 16:00 | 八王子見て歩記

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30