八王子の公園/湧水巡り13/小宮公園(前編)

八王子の公園-第14話-八王子湧水巡り-13
小宮公園/八王子市大谷町・暁町(前編)
大谷沢と大谷弁天池
b0123486_12272493.jpg

大谷町と暁町にまたがった小宮公園は東京郊外の激しい都市化の中に残され、雑木林の面影を留める公園のひとつです。かつて八王子のあちこちにあった里山の風景を今に伝えており、当時はカゴやザルなどさまざまな農具や日常品などの竹細工や木炭などを利用するサイクルが成立していました。今でも雑木林の萌芽更新と皆伐更新が行われていて、伐採→萌芽→成長→伐採のサイクルで樹木管理を行っています。

管理所口

小宮公園へバスで行く場合は、京王八王子駅・JR八王子駅北口から西東京バス「(バイパス経由)宇津木台行」または「(警察署経由)中野団地行」に乗車して、「八王子郵便局前」で下車します。バス停から小宮公園までは徒歩約10分です。このルートで行くと、最初に着くのは「雑木林ホール」側の管理所口になります。
b0123486_17162689.jpg

今回の目的は湧水なので、弁天池まで移動します。
b0123486_17183257.jpg


やまぶきの小道

公園の南東側には弁天池と呼ばれる池があり、池に突き出た出島には大谷弁財天が祀られています。外周道路でも行けるのですが、せっかく天気もいいことだし、園内を散策しながら歩いていきましょう。弁天橋の手前を入る園路が「やまぶきの小道」です。
b0123486_17294286.jpg

「やまぶきの小道」は途中から下り坂になっています。「水は高きより低きに流れる」の言葉どおり、大谷弁天池は公園の中でもっとも低い場所にあるからです。
b0123486_17353584.jpg

木々が落葉しているので、雑木林の中は明るい。枯れ葉がつもってフカフカの絨毯の上を歩いているような感じでした。
b0123486_17385730.jpg

以前、5月に行った時は若葉の陰に隠れていた大谷弁財天ですが、2月のこの時期は真っ赤なお社と弁天池がよく見えます。
b0123486_17435066.jpg

分岐に着きました。左方向が「ひよどり沢」、右に行くと大谷弁天池側の入口に通じています。
b0123486_17493627.jpg

大谷弁天池へ

小宮公園の湧水は、「ひよどり沢」の水源から「大谷沢」を通って「弁天池」に流れています。「弁天池」から「かわせみの小道」の木道を歩いていけば、沢沿いの景色を見られるはず。
b0123486_1756574.jpg

ここが弁天池側の入口です。まっすぐ歩いていけば大谷弁財天に着きます。いわば表参道。おや?入口に何か看板が…。
b0123486_1801175.jpg

ガーーン!老朽化した木道の改修工事のため、「かわせみの小道」と弁天池周辺の木道が3月まで閉鎖されているそうです。(クリックで拡大)
b0123486_18105152.jpg

気をとりなおして大谷弁天池を見に行きます。入口近くの沢は、一見、水が枯れているように見えますが、これは枯れ葉がつもっているため。ちゃんと水が流れています。
b0123486_836371.jpg

大谷弁財天に通じる雑木林の参道です。
b0123486_8394396.jpg

冬の大谷弁天池。水量は5月と変わらないようです。大谷弁天池はひよどり山の湧き水を水源とし、その昔、付近に水田が多かったころ水田灌漑確保のために掘られました。池の大きさは六本杉公園の湧水池とほぼ同じで、従って湧水量も似たような規模だと思われます。(クリックで拡大)
b0123486_8495171.jpg

木道改修工事

せっかくなので、木道改修工事も見てきました。木々の間から作業員の方が見えます。「かわせみの小道」の木道を新しい床板に交換しているようす。
b0123486_8595246.jpg

フェンスの向こうに木道の入口が見えます。ここから入るルートは小宮公園の目玉といえる景色のいい木道でした。雑木林の中を抜けて「ひよどり山」へ、湧水の「ひよどり沢」まで歩いていけるのです。
b0123486_94924.jpg

真新しい道板が資材置き場に積み上げられています。お話しをうかがったところ、小宮公園の木道は25年も経っているそう。根太(支えの部分)の交換などは今まで何回か行われていましたが、道板を含む全面改修は今回が初めてということでした。工事が終わる3月下旬に来園すれば、ピカピカの新品の木道を歩けます。
b0123486_993945.jpg

「おながの小道」を歩く

工事中の「かわせみの小道」以外の園路は通れるので、弁天池の外れにある「おながの小道」で「ひよどり沢」まで歩いていくことにしましょう。
b0123486_9161368.jpg

葉が落ちた雑木林の向こうに澄み切った青空が見えています。新緑の季節もいいけれど、冬の明るい雑木林も素敵です。
b0123486_921105.jpg

ところどころ雑木林が開けています。ここは昭和63年に萌芽更新した場所。コナラなどの樹木を伐採すると、切株からたくさんの芽が出てきます。この芽を育てる方法を繰り返しながら、樹木の若返りを図る方法が萌芽更新です。雑木林の多くは、昔からこのやり方で手を入れられてきました。(クリックで拡大)
b0123486_9464011.jpg

途中、「かわせみの小道」へ抜ける園路が通行止めになっていました。やっぱりダメなのね。
b0123486_9543942.jpg

ほどよいアップダウンを繰り返しながら、「おながの小道」は続きます。木々を縫うように曲がりくねっていて歩いていて飽きません。小宮公園は山野草が多い場所でもあります。春になれば、あちこちに野草たちが芽吹くことでしょう。
b0123486_1004425.jpg


三叉路が見えてきました。ここから先は「しじゅうからの小道」に合流です。
b0123486_1034331.jpg

後編では木道を歩いて、「ひよどり沢」の湧水を見に行きます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

2月初旬のこの日は快晴。風もなく暖かい日になりました。小宮公園に上がる坂道の途中から真っ白に冠雪した富士山が見えました。望遠レンズを持ってくればよかったです。
b0123486_12252844.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------
取材協力:八王子市役所水循環部水環境整備課

八王子湧水巡り(全14話)
湧水巡り-1:「八王子湧水めぐり」
湧水巡り-2/子安神社(中野山王)前編:「池の淵から澄んだ水が次々と」
湧水巡り-3/子安神社(中野山王)後編:「木立の中のお社」
湧水巡り-4/横川弁天池(横川町):「錦鯉が泳ぐ湧水の池」
湧水巡り-5/叶谷榎池(叶谷町):「樹齢数百年を超える榎と湧水」
湧水巡り-6/六本杉公園(子安町):「アジサイの花に囲まれた湧水」
湧水巡り-7/真覚寺(散田町)前編:「湧水の庭園と蛙合戦の伝説」
湧水巡り-8/真覚寺(散田町)後編:「観音堂と高宰神社」散田町
湧水巡り-9/子安神社(明神町)前編:「御神池と安産祈願の底抜け柄杓」明神町
湧水巡り-10/子安神社(明神町)後編:「境内にある十二社のお社」明神町
湧水巡り-11/片倉城址公園(片倉町)前編:「水車が回る菖蒲田」
湧水巡り-12/片倉城址公園(片倉町)後編:「湯殿川沿いを散歩」
湧水巡り-13/小宮公園(大谷町・暁町)前編:「大谷沢と大谷弁天池」(当記事)
湧水巡り-14/小宮公園(大谷町・暁町)後編:「雑木林の谷地にある湧水」

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2017-02-07 16:00 | 八王子の公園

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31