八王子の公園/湧水巡り7/真覚寺(前編)

八王子の公園-第14話-八王子湧水巡り-7
真覚寺/八王子市散田町(前編)
湧水の庭園と蛙合戦の伝説
b0123486_5192418.jpg

小高い山手にある木立豊かな万葉公園の北側斜面のふもとに位置する真覚寺、草創は文歴元年(1234年)と伝えられますが詳びらかではありません。応永18年(1411年)に相模国津久井城の城主長山修理亮忠好公が開基となり、隆源僧正を招いて観音堂を創建し、別当寺として真覚寺を起こしたことが明らかになっています。寛永10年(1633年)には鐘楼堂を再建、嘉永年間(1841〜1853年)には現在の唐様式木造瓦葺寄棟造りの本堂が建立されて、ほぼ今日の伽藍の姿を整えました。

八王子のあじさい寺としても有名なお寺さんで、今から6年前の平成22年(2010年)の梅雨時にはあじさいを撮影に行きましたっけ。(クリックで拡大)
b0123486_5275621.jpg

心字池へ

本堂横の道を歩くと、境内にある心字池がすぐ隣りです。アジサイの木が植えてある向こうが湧水のある心字池。
b0123486_5335325.jpg

池のほとりの鐘楼堂は今から約400年ほど前に建てられました。
b0123486_5404259.jpg

鐘楼堂は5本の太い柱で支えられています。建立以来、数々の地震に耐えてきたのでしょう。
b0123486_5521999.jpg

心字池に着きました。菖蒲が生えている向こう岸あたりに湧水が湧いています。(クリックで拡大)
b0123486_5561491.jpg

鐘楼堂の裏手に案内板が建っていました。心字池は「真覚寺蛙合戦の旧地」として、八王子市指定旧跡となっています。この池は古くからヒキガエルの繁殖地として広く知られ、太平洋戦争前(〜1941年)には、毎年三月の彼岸の頃に前後1週間ほどにわたり、万を超えるヒキガエルが産卵のために集まって雌蛙を求めて雄蛙が争ったといいます。昭和40年代(1965〜1974年)中頃からの宅地開発によりカエルの数は減り、最近では数匹だけとなってしまい、蛙合戦の様子は見られなくなったそうです。(クリックで拡大)
b0123486_613778.jpg

湧水の庭園

湧水の心字池と庭園を散策してみましょう。この日はあいにくの雨模様でしたが、水辺に雨が落ちて波紋がきれい。アジサイの植え込みの間に小さな橋がかかっていました。
b0123486_629553.jpg

池の水面に浮かぶ蓮の葉。今にも蛙合戦が始まりそうです。
b0123486_650492.jpg

中之島の宝筐印塔は文政4年(1821年)の建立です。
b0123486_655758.jpg

石のベンチでアジサイの季節に花見もいいかも。向こうに見える赤い屋根は観音堂です。
b0123486_6585718.jpg

中之島から観音堂に渡る小さな橋。湧水地から流れる澄んだ水が流れています。
b0123486_72060.jpg

橋の下を通って下流へ。
b0123486_7232232.jpg

流れは中之島をぐるっと回って元の池へ戻ります。山があり、川があり、池がある、湧水を活かした池泉庭園です。
b0123486_7312685.jpg

観音堂

中之島を渡った高台にあるのが観音堂です。真覚寺で最初に建立されたのが、このお堂。
b0123486_7371672.jpg

観音堂の横に大きな切株がありました。最近まで大きな木が立っていたんですね。
b0123486_7483710.jpg

境内の石碑は「心斎翁碑」。
b0123486_7533111.jpg

八王子千人隊部長だった二宮心斎翁を記念して立てられた石碑のようです。建立されたのは明治21年(1888年)9月。漢文で書かれているので私には読めません…。(クリックで拡大)
b0123486_757824.jpg

湧水の手水場

観音堂を後にして、湧水の手水場を見に行きましょう。橋の向こうにアジサイに囲まれた手水場があります。雨の庭園は風情がありますね。(クリックで拡大)
b0123486_8194295.jpg

手水場に刻まれていたのは豊臣秀吉の家紋でもある「桐紋」でした。
b0123486_829581.jpg

豊富な湧水があるのでお墓参りの水に不自由しません。
b0123486_831440.jpg

手水場から溢れた水は心字池へと流れています。清水に自生しているのは、水場が大好きなクレソン。
b0123486_8351196.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------

真覚寺外塀の道端に咲いていたのは真っ赤な彼岸花。わずかな舗装の隙間からたくましく花開いていました。花言葉は「再会」「あきらめ」「転生」「悲しい思い出」「思うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。お寺さんに咲く花らしいというか、ちょっと悲しい…。
b0123486_15232049.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------
取材協力:八王子市役所水循環部水環境整備課

八王子湧水巡り(全14話)
湧水巡り-1:「八王子湧水めぐり」
湧水巡り-2/子安神社(中野山王)前編:「池の淵から澄んだ水が次々と」
湧水巡り-3/子安神社(中野山王)後編:「木立の中のお社」
湧水巡り-4/横川弁天池(横川町):「錦鯉が泳ぐ湧水の池」
湧水巡り-5/叶谷榎池(叶谷町):「樹齢数百年を超える榎と湧水」
湧水巡り-6/六本杉公園(子安町):「アジサイの花に囲まれた湧水」
湧水巡り-7/真覚寺(散田町)前編:「湧水の庭園と蛙合戦の伝説」(当記事)
湧水巡り-8/真覚寺(散田町)後編:「観音堂と高宰神社」散田町
湧水巡り-9/子安神社(明神町)前編:「御神池と安産祈願の底抜け柄杓」明神町
湧水巡り-10/子安神社(明神町)後編:「境内にある十二社のお社」明神町
湧水巡り-11/片倉城址公園(片倉町)前編:「水車が回る菖蒲田」
湧水巡り-12/片倉城址公園(片倉町)後編:「湯殿川沿いを散歩」
湧水巡り-13/小宮公園(大谷町・暁町)前編:「大谷沢と大谷弁天池」
湧水巡り-14/小宮公園(大谷町・暁町)後編:「雑木林の谷地にある湧水」

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2016-12-13 16:00 | 八王子の公園

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28