八王子の公園/湧水巡り3/子安神社-中野山王(後編)

八王子の公園-第14話-八王子湧水巡り-3
子安神社/八王子市中野山王(後編)
木立の中のお社
b0123486_1165357.jpg

今回は湧水巡りがテーマではありますが、せっかく来たので階段を上がって子安神社の御本殿にお参りしていきましょう。子安神社の御祭神は木花開耶姫命(このはなのさくやびめ)、水の神、安産・子育ての神、美の神です。お名前は「木の花(桜の花とされる)が咲くように美しい女性」の意味で、富士山の噴火を治める神様でもあります。ご利益は、子孫繁栄、安産祈願、子育大願、火防守護、容姿端麗など。創建は戦国時代(1467年~1573年)で、城主北条氏照が滝山城の真南に当たる当地にて、子孫繁栄を祈願して祀ったことに始まると伝えられます。

石段を登って

お地蔵様の右側、湧水の横から御本殿へ上がる石段があります。
b0123486_1081060.jpg

大きな御神木が湧水と石段を護っているかのようです。注連縄(しめなわ)の本体は雲を、〆の子(細く垂れ下がっている藁)は雨を、紙垂(しで)は雷(稲妻)を表わして、落雷があると稲が育ち豊作になるところから、紙垂は雷光・稲妻を表し、邪悪なものを追い払う象徴です。
b0123486_1012331.jpg

石段最上部の石柱には「昭和十一年十二月寄進」と刻まれていました。昭和11年(1936年)は、二・二六事件勃発、阿部定事件、など不穏な事件があった年でした。
b0123486_1032348.jpg

御本殿

27段の石段を登りきったところが御本殿です。
b0123486_10374979.jpg

木立に囲まれた御本殿は手入れが行き届いていて、ガラスなどは曇りひとつない状態。氏子さんたちが大切に思っていることが伝わってきます。(クリックで拡大)
b0123486_10444396.jpg

市内の神社仏閣を見てまわっていると、ついつい屋根の状態を確かめてしまう。落ち葉もほとんど積もってないし、第一、苔むしていませんでしょ?皆さんがお手入れされている神社なんだと思います。
b0123486_10485170.jpg

御本殿でひと際目立つのはこの注連縄。中央部が極端に太く、 両端は長く柱に添わせています。胴を縛る縄の尻手は上に大きく開き、〆の子の縄も飾り結び。山形県に多く見られるかたちです。(クリックで拡大)
b0123486_11201556.jpg

境内

境内の湧水地側の木にたくさんのおみくじが結んでありました。境内の木に結ぶ意味は神様や仏様との縁を結ぶという縁起にあやかってです。これ、全部大吉なのかしらね。
b0123486_11273416.jpg

御本殿の右側に絵馬掛。パパさんが「幼稚園に行っても友達たくさん作って楽しく過ごせますように」と願掛けしていらっしゃいました。お子さんはまだ4歳くらいかしらね。微笑ましいです。
b0123486_13185637.jpg

絵馬の手前にある石碑は「因民党之碑」。
明治14年(1881年)、松方デフレ政策により、米相場が5.37円(明治10年)から11.17円(明治14年)に高騰します。租税が現物から現金納付になっていた農村は不況のどん底に陥り, 借金の返済は滞り業者の取り立てに苦しみます。こうして各地で困民党が結成されていったのです。ここ子安神社にも多摩北部因民党が集結しました。
b0123486_1235039.jpg

民衆史蹟 因民党の碑 多摩北部因民党集結の地

明治十四年の松方デフレ政策により農村は
疲弊し、農民は生活の途を失った。かれらは各
地で因民党を結成し、決起していった。
明治十七年九月五日 塩野倉之助 小池吉教を
指導者とした多摩の農民二百十余名は蓑傘をつ
け、ここ西中野村子安明神の森に結集した。
因民党は、さらに武蔵相模の百五十箇村が結
束し、武相因民党へと大きく展開していった。
一九八五年一月 因民党の碑を建てる会


(クリックで拡大)
b0123486_12381435.jpg

御本殿右側の石垣の上に小さな祠が2つ。氏子さんがちゃんとお参りされているようです。
b0123486_13244866.jpg

左側の石垣の上にも祠がひとつ。
b0123486_13263759.jpg

境内の片隅にひっそりと彼岸花が咲いていました。
b0123486_1330155.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------

今はひっそり静まりかえっている子安神社。毎年8月の第3日曜日には例大祭が行われます。前日に宵宮、当日に神楽の舞・湯立(ゆたて)神事。 湯立神事は昔、疫病が流行したときに熱湯でお祓いをしたら病が治まったという故事に由来するそうです。 当日は境内に屋台が並び、子どもたちがたくさん集まるそうですよ。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
取材協力:八王子市役所水循環部水環境整備課

八王子湧水巡り(全14話)
湧水巡り-1:「八王子湧水めぐり」
湧水巡り-2/子安神社(中野山王)前編:「池の淵から澄んだ水が次々と」
湧水巡り-3/子安神社(中野山王)後編:「木立の中のお社」(当記事)
湧水巡り-4/横川弁天池(横川町):「錦鯉が泳ぐ湧水の池」
湧水巡り-5/叶谷榎池(叶谷町):「樹齢数百年を超える榎と湧水」
湧水巡り-6/六本杉公園(子安町):「アジサイの花に囲まれた湧水」
湧水巡り-7/真覚寺(散田町)前編:「湧水の庭園と蛙合戦の伝説」
湧水巡り-8/真覚寺(散田町)後編:「観音堂と高宰神社」散田町
湧水巡り-9/子安神社(明神町)前編:「御神池と安産祈願の底抜け柄杓」明神町
湧水巡り-10/子安神社(明神町)後編:「境内にある十二社のお社」明神町
湧水巡り-11/片倉城址公園(片倉町)前編:「水車が回る菖蒲田」
湧水巡り-12/片倉城址公園(片倉町)後編:「湯殿川沿いを散歩」
湧水巡り-13/小宮公園(大谷町・暁町)前編:「大谷沢と大谷弁天池」
湧水巡り-14/小宮公園(大谷町・暁町)後編:「雑木林の谷地にある湧水」

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2016-11-15 16:00 | 八王子の公園

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31