私たちの会社/秋バージョン

秋になりました
秋の八王子見て歩記

今年は7月4日になって遅い台風1号が発生しました。その後は10月15日の22号まで立て続けの台風ラッシュ。なんと1か月あたり7本以上です。「遅い1号発生の年は台風が多くなる」が立証されてしまいました。その間、関東地方は雨がちの天気が続き、気がつくと涼しくなっちゃってる。スイカをまだ1回しか食べていません。夏、どこいった〜!

さて、秋のタイトルバックは左から、晩秋の甲州街道イチョウ並木の根元に落ちた銀杏、八王子名湧水のひとつ叶谷町の叶谷榎池、高尾山ケーブルカー清滝駅前の紅葉です。
b0123486_1302757.jpg

写真左:甲州街道イチョウ並木の銀杏

甲州街道高尾駅付近のイチョウ並木が植えられたのは今から88年前の昭和2年(1927年)、大正天皇の多摩御陵完成に伴い、昭和4年(1929年)に甲州街道が改修された際に宮内庁によって763本が植えられました。当時は2メートルほどだった苗も、今では15メートル以上に達している樹さえあります。昭和39年(1964年)には東京オリンピックの自転車競技のロードレースコースとされたのを機に市の天然記念物に指定され、その後、昭和51年(1976年)には市政60周年を記念して「市の木」に制定されました。毎年11月中旬〜下旬ころになると紅葉して歩道に銀杏がたくさん落ちます。(クリックで拡大)
b0123486_2052283.jpg

写真中:叶谷榎池

丘陵に囲まれた八王子は湧水が多い街です。その中でも叶谷榎池(かのうやえのきいけ)は、八王子市「八王子湧水めぐりマップ」と、東京都環境局「東京の名湧水57選」の両方に選定された名湧水のひとつです。八王子市水循環部水環境整備課様の湧水量調査によると、湧水量は最大で730リットル/分にもなるそう。樹齢数百年といわれる大きな榎の下から湧水がこんこんと湧き出しています。(クリックで拡大)
b0123486_219445.jpg

写真右:高尾山清滝駅前の紅葉

晩秋の自然研究路1号路を歩いて高尾山の紅葉を見に行きました。京王線「高尾山口駅」から高尾登山鉄道「清滝駅前」までの歩道はモミジの天井でそれはみごと。風が吹くと頭上から紅葉が降ってきます。残念ながら1号路や山頂付近は紅葉がほとんどなく、リフトとケーブルカーの駅周辺にモミジが何本か植えてあるだけ。そりゃそうです。高尾山は杉のお山なんですから。(クリックで拡大)
b0123486_21235729.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2016-10-25 16:00 | 私たちの会社

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30