八王子見て歩記/第37回高尾梅郷梅まつり-2

第37回 高尾梅郷梅まつり(第2話)
満開の木下沢(こげさわ)梅林
b0123486_17494960.jpg

裏高尾は不思議な場所です。流れる水も空気もきれいで、どこか懐かしい日本のふるさとといった感じ。深呼吸して背筋が自然に伸びちゃいます。梅まつりが開催される高尾梅郷は、そんな裏高尾の小仏川沿いに広がる花園で、梅を見ながら歩いても往復4時間ちょっと。春を満喫するのに最適なところじゃないでしょうか。中編では、旧甲州道中で折り返して、ここ数年続けて満開が間に合わなかった木下沢梅林を目指します。梅の花たちとの出会いが楽しみ♪

小仏から大下へ

木下沢梅林に向かう道沿いの小仏梅林は小仏梅林は高尾梅郷発祥の地で、現在は数本の梅しか残っていませんが、線路沿いや道沿いに点在する梅を楽しめます。遠くに雪が積もった山、手前に梅の花。春まだ浅きといったところでしょうか。
b0123486_15402971.jpg

小さなせせらぎに降りる階段がありました。畑で抜いてきて泥が付いた野菜を洗う洗い場です。今でも現役なのかな。
b0123486_15474353.jpg

このあたりは道幅が狭いので、小仏川の岸辺と旧甲州街道の間のわずかな場所に梅を植えています。民家の庭先にも丹精込めた紅白の梅が。
b0123486_1551588.jpg

木下沢梅林入口

木下沢梅林の最寄りバス停は「大下」です。旧甲州道中から歩いても約25分といったところ。(クリックで拡大)
b0123486_1814630.jpg

中央高速の橋脚の向こうに木下沢梅林が見えてきました。去年よりたくさん咲いてる!
b0123486_12394054.jpg

木下沢梅林の入口に着きました。今年の特別開園日は3月6日(日)〜27日(日)の平日を含む22日間で、午前10時〜午後4時まで入場できます。梅まつりは3月12(土)・13日(日)の2日間なので、ちょうどまん中あたり。なお、特別開催の期間は、梅の開花状況などにより変更される場合があるそうです。
b0123486_12573543.jpg

木下沢梅林の入場口はひとつですが、園内は外周コースを回った頂上に管理棟と仮設トイレ、喫煙所が設けられています。もちろん、下段〜中段〜上段と回るのもOK。ちなみに自販機はなく、模擬店も出店しません。(クリックで拡大)
b0123486_1304365.jpg

いっせいに咲き乱れた紅白の梅。満開です。(クリックで拡大)
b0123486_13105718.jpg

去年はほんの数本しか咲いていなかった梅が、1本残らずといっていいくらい花開いています。例年、4月に入らないとここまで咲き揃うことはありません。(クリックで拡大)
b0123486_13154695.jpg

「下段の梅」

満開の梅を間近で見たくなって「下段の梅」から歩き出しました。1周約200m、約3分のコース。去年と同じ回り順です。代わり映えがなくて面目ない。
b0123486_13564429.jpg

つぼみは紅色なのに白い花が咲く。不思議!
b0123486_13594828.jpg

曲がり角や階段には必ず園内案内図が掲示されているので迷いません。
b0123486_1445923.jpg

木下沢梅林は梅が傾斜地に植えてあります。つまり、目の高さで花が咲いている。
b0123486_1473973.jpg

「下段の梅」の突き当たりは「中段の梅」へ上がる坂道になっています。
b0123486_14133775.jpg

「中段の梅」

「中段の梅」は1周約210m、約3分のコース。ところどころにベンチが置いてあります。観梅を楽しみながらランチにする方多数。終点まで行ってしまうと外周道路に出るので、途中で「上段の梅」へ上がりましょう。
b0123486_14205566.jpg

下を見ると、「下段の梅」で写真を撮っていらっしゃる方が。そこじゃ、花が遠くて大変でしょう。撮るなら「中段の梅」がお薦めです。
b0123486_14275113.jpg

ほらね。こんなに近い。
b0123486_14294951.jpg

ベンチが置いてある広場は今年も大人気。丸太のイスが2つずつワンセットで置いてあります。そういえば二人連れの方が多いなぁ。
b0123486_1433413.jpg

「上段の梅」

木下沢梅林の頂上にあるのが「上段の梅」。「中段の梅」から階段で上がりましょう。
b0123486_14482613.jpg

「上段の梅」は台地の上にある平坦な梅園。1周約190m、約3分です。左の道を歩いて行けば管理棟のある入口に抜けられます。
b0123486_14592039.jpg

日本庭園などの梅園はこういう眺めでしょう。枝ぶりを楽しめるコースです。地元の方が主に剪定をなさっているそうで、コツは「地を這うがごとく、枝はなるべく直角に延びるように」とのこと。なるほど、それで梅らしくなるのですね。
b0123486_1535634.jpg

入口近くの広場です。丸太イスやベンチが並んでいて、ちょっと広め。例年グループの方たちがお弁当を広げています。
b0123486_158280.jpg

上段入口と管理棟。唯一の喫煙所がある場所です。梅まつりのパンフレットはこちらで入手できます。
b0123486_1511946.jpg

入口前の仮設トイレは今年も2セットです。
b0123486_15135847.jpg

満開の木下沢梅林を堪能したら、各会場の模擬店を回ってみます。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

園内をウサギ連れで歩いている方がいらっしゃいました。ピーターラビットのモデルにもなったネザーランドドワーフという種類だそう。撫でさせてもらうと、ふわふわフカフカ。いつもおうちではどんなですか?とお聞きしたら「ぼーーっとしていることが多いです」。いいなぁ。私もウサギになりたい。
b0123486_14412842.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------
第37回 高尾梅郷梅まつり(4話)
第1話:「バスで直接小仏へ」
第2話:「満開の木下沢梅林」(当記事)
第3話:「模擬店巡り/湯の花梅林会場〜天神梅林会場」
第4話:「模擬店巡り/関所梅林会場〜小名路会場」

第36回 高尾梅郷梅まつり(3話)
前編:「スタンプハイク/遊歩道梅林〜関所梅林」
中編:「スタンプハイク/天神梅林〜湯の花梅林」
後編:「年に一度の特別開放/木下沢(こげさわ)梅林」

高尾の梅の里(2話)
前編:「西浅川児童公園〜遊歩道梅林〜天神梅林」
後編:「関所梅林〜荒井梅林〜湯の花梅林〜小仏梅林」

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2016-05-24 16:00 | 八王子見て歩記

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28