八王子見て歩記/今熊神社のミツバツツジ(4月)

色鮮やかなミツバツツジに包まれて
上川町の今熊神社(4月)
b0123486_175358.jpg

雨が続いた4月初旬。この日は珍しく晴れ間が広がりました。上川町の今熊神社は今がミツバツツジが見ごろのはず。上川町は八王子の北側、五日市に隣接した山あいの町です。かつて今熊山の山頂にあった御本殿が現在の山すそに移されたのは昭和17年(1942年)のこと。 参道の山麓には近隣の方によって1500本のミツバツツジが植えられ、八王子市内でも唯一のツツジの名所となりました。ミツバツツジは燃えるように鮮やかなピンク色、普通のツツジに比べて透明感がある色合いの上品な花です。1月に行った時は枝ばかりだった今熊神社のミツバツツジ、今はどうなってるでしょう。

駐車場

1月の下見の時はほんの数台だけ停まっていた駐車場は、ミツバツツジを見に来た方でほぼ満車になっていました。花を背景にに記念写真を撮る方多数。
b0123486_17431521.jpg

駐車場内には多機能トイレがあります。男女共用×1、車いす用と乳幼児のおむつ交換台などを併せ持った多機能トイレ×1、の合計2つです。
b0123486_03361.jpg

駐車場横の斜面から山すそにかけてミツバツツジが咲いています。奥行きはおおよそ100メートルくらいあるんじゃないでしょうか。
b0123486_17583030.jpg

ミツバツツジは日本の固有種で、普通のツツジと違い秋に落葉して春先に花だけ付けます。つまり桜と同じ。目が覚めるような鮮やかなピンク色の花が、葉に隠れることなく一気に咲く圧倒的な美しさが特徴です。名前の由来は花が終わると枝先に三枚の葉がつくことから。
b0123486_23401985.jpg

ミツバツツジの花言葉は「節制」「抑制のきいた生活」。もともと山地や高原に自生していて、厳しい環境に強いとされるところからつけられたそうです。(クリックで拡大)
b0123486_18105032.jpg

駐車場横の排水路沿いからミツバツツジの花園の奥に入れます。思い思いにお弁当を広げる方、カメラ片手にベストアングルを探す方。
b0123486_18191963.jpg

咲き乱れるミツバツツジの中に椿が1本。赤系統で引き立てあって椿の赤い花が燃えるよう。
b0123486_22504835.jpg

御本殿の質実剛健な建物とミツバツツジのコントラストが実に映えます。名残の桜と相まって、春爛漫といった感じでした。
b0123486_22441134.jpg

境内

ツツジの花に囲まれた鳥居をくぐって今熊神社の境内に入ってみましょう。
b0123486_2345644.jpg

八王子のしだれ桜といえば、下恩方の浄福寺と心源院、八王子城趾近くの宗関寺、高尾駅前の高楽寺といったところが有名ですが、今熊神社の境内にもしだれ桜がありました。下を見ればミツバツツジ、見上げればしだれ桜。
b0123486_230723.jpg

今熊神社御本殿です。ミツバツツジの植えてある場所がどういう意味を持っているのか、御本殿に参拝してようやく分かりました。春のこの時期、御本殿の背景がツツジの鮮やかなピンクに塗りつぶされるように配置されているのです。
b0123486_23102921.jpg

御本殿の裏手にある今熊開運稲荷社を見れば一目瞭然です。赤い鳥居とツツジのピンクが共鳴しあって、とてもきれい!
b0123486_2314310.jpg

ミツバツツジのピンク色を背景に浮かび上がる今熊神社。その風景を実現させるために植えられた1500本のツツジたち。いったいどれだけ手間がかかったことでしょう。
b0123486_23183966.jpg

登拝道を登って見下ろせば、背景になる部分の山腹を塗りつぶすようにミツバツツジが植えられているのがよく分かります。
b0123486_22112338.jpg

b0123486_23285020.jpg

b0123486_2214479.jpg

b0123486_2334557.jpg

売店

ミツバツツジが咲く時期には駐車場に売店が出ます。お値段はきわめてリーズナブル。山菜おこわ1個100円、おまんじゅう1パック5個入り400円、お茶1本100円、地元産の刺身こんにゃく650円、自家製梅干1パック400円などなど。
b0123486_23535127.jpg

個人的にはこちらの薫製チーズがお薦め。燻煙臭があまり強くなく、ミルクの香りがよく引き立っているチーズです。
b0123486_2355291.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------

花の見ごろには多くの観光客が訪れます。トイレの数が足りないんじゃないかですって?大丈夫!今熊神社周辺には、もうひとつトイレがあるんです。登るのに30分はかかる山の上ですけどね。
b0123486_0131628.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------

上川町の今熊神社(4話)
1月:上川町の今熊神社「今熊山のふところに抱かれて」
4月:上川町の今熊神社「色鮮やかなミツバツツジに包まれて」(当記事)
4月:天空の神殿(前編)「ミツバツツジの山を登る」
   登拝口〜杉並木〜蛇腹坂〜第一見晴し台〜尾根道〜第二見晴し台

4月:天空の神殿(後編)「山頂の御本殿を訪ねて」
   第二見晴し台〜参道〜今熊開運稲荷社〜御本殿


ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2015-04-28 16:00 | 花と山野草

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31