八王子見て歩記/高尾梅郷梅まつり(中編)

第36回 高尾梅郷梅まつり(中編)
スタンプハイク/天神梅林〜湯の花梅林
b0123486_9301465.jpg

高尾梅郷の梅は梅林ばかりでなく、公園に、民家の庭先に、ちょっとした空き地に、旧甲州街道に面してあちこちに植えられています。散策の楽しみは梅の花のほかにもあります。小仏川の清流の眺めや川沿いの遊歩道の山野草も捨てがたい。中編では春の裏高尾の景色を眺めながら、天神梅林と湯の花梅林へ歩いていきます。

関所梅林の柵に「早春の野草観察会のパンフレットが掲示されていました。会場の方に聞いてみると小仏川沿いの特に駒木野公園下の堰のあたりはスミレ類をはじめとする春の山野草の宝庫だそうです。「今はちょうどアズマイチゲが咲いているよ」とのこと。地元の方が大切に育んでいる可愛い花たちを探しに遊歩道梅林に戻ってみました。(クリックで拡大)
b0123486_1045074.jpg

駒木野の山野草

山野草の自生している場所は駒木野公園のすぐ近く、遊歩道梅林のはずれです。歩いている方が多いので後を付いていけば大丈夫。小仏川沿いの道は天神梅林につながっています。小牧野公園の梅は紅白紅白とおめでたい感じ。「赤白」ではなく「紅白」と呼ぶのは源平合戦がルーツのようです。両軍が持った旗。敵と味方を区別するために、平家が紅、源氏が白の旗をたなびかせました。紅白歌合戦と同じですね。余談でした。
b0123486_10251365.jpg

橋を渡ると間もなく目的地です。こんな行列が天神梅林まで続いております。前の人についていけば地図を見なくてすむから極めて楽チン♪
b0123486_10294372.jpg

岸辺から流れ落ちる大量の湧き水で、まるで奥入瀬のような景観。
b0123486_823943.jpg

山野草を見られるのはロープが張られた花壇のような場所。間違えて踏みつけられないよう地元の方によって整備されています。
b0123486_13433795.jpg

カンスゲの花が咲いていました。カヤツリグサ科常緑の多年草。昔は葉を刈り取って乾燥させ蓑や笠を作ったそうです。漢字で「寒菅」。これは冬にでも葉があることから。(クリックで拡大)
b0123486_10442795.jpg

遊歩道の真ん中あたりにカメラを持ってひざまずく方多数。むむっ!これは!
b0123486_10484666.jpg

アズマイチゲ(東一華)の花が間もなく咲くところでした。キンポウゲ科の多年草で、春先に花を咲かせて落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部は枯れてなくなり、翌春まで地中の地下茎で過ごします。満開になるとマーガレットのようにまん丸に開き、花びらが薄いピンク色がかるそうです。(クリックで拡大)
b0123486_10591067.jpg

山道を歩いて天神梅林を目指します。4月になると可憐なスミレの花が咲く場所です。
b0123486_1172025.jpg

湧き水が小さな滝となって小仏川にそそぎます。流れる水の美しさに見とれる方が多数。
b0123486_11123924.jpg

天神梅林

5分ほどで天神梅林に到着しました。斜面に沿って梅が植えられており、中腹に高尾天満宮があります。
b0123486_1348842.jpg

色鮮やかな紅梅が満開です。陽当たりのいい場所なので開花が早いようです。
b0123486_1353844.jpg

天神梅林内の高尾天満宮。左にテーブルが見えます。スタンプはここで捺していただくのでしょうか。
b0123486_13575261.jpg

係の方が非常に申し訳なさそうに「蛇滝口から旧甲州街道をちょっと歩いた先に天神梅林会場があるんです」とのこと。ここでは献歌を申し受けているそうです。
b0123486_1433177.jpg

天神梅林を過ぎて、前方に八王子ジャンクションが見えてきました。あの立体交差の下が次の目的地、天神梅林会場です。
b0123486_1802959.jpg

天神梅林会場(高尾梅の郷 まちの広場)

天神梅林会場は天神梅林の対岸側にあります。(クリックで拡大)
b0123486_6163455.jpg

橋を渡って旧甲州街道へ戻ります。
b0123486_1854929.jpg

高尾山参りの修験者の宿泊所の横にある湧き水。今年もこんこんと湧き出ていました。
b0123486_1893116.jpg

普段は車もあまり通らない旧甲州街道が、梅まつりの時は観光客と車で大渋滞です。
b0123486_1812595.jpg

近所の方の露店です。からし菜のつけもの100円、からしな100円、じゃがいも100円。100%国産、いや、八王子産の野菜でした。
b0123486_1850346.jpg

お隣りの棚は地産の煮物やジャム。高尾梅郷産の梅ジャム250円、サンショ250円、キャラブキ250円、ゆず250円。ご年配のご夫人方が買い物されていました。
b0123486_18541428.jpg

天神梅林会場に到着。天神梅林からここまで約7分でした。ふだんは「高尾梅の郷 まちの広場」として裏高尾町の方たちに利用されているコミュニティスペースです。
b0123486_1925464.jpg

「こっちよ!こっちよ!」とお仲間を呼ぶ女性客。模擬店の食べ物コーナーは、焼きそば250円。
b0123486_1993799.jpg

フランクフルトは混雑に隠れて値札を撮れませんでした。
b0123486_19113929.jpg

コロッケ150円、あんのう(安納)芋300円(1袋)。
b0123486_19143190.jpg

お酒コーナーは反対側。風にあおられて値札が見にくいですが、甘酒100円、清酒(温あり)300円、缶ビール300円。観光地価格ではないようです。ほとんど儲けが出ないんじゃないかしら、右端の行列ができているテントがスタンプハイクの受付です。
b0123486_19213043.jpg

3つ目のスタンプをペタッと。残りあと1つです。スタンプハイクの参加用紙はどの会場にも置いてあります。当日、最初に訪れた受付でいただきましょう。
b0123486_19245870.jpg

天神梅林会場のトイレは男性用が1つ、共用が1つの合計2つです。女性の長い行列はなかなか進みません。この先すぐの湯の花梅林会場にも仮設トイレが2つあるそうです。
b0123486_1930111.jpg

湯の花梅林会場

関所梅林会場の係の方によると、お隣の湯の花梅林会場は目と鼻の先だとか。旧甲州街道に沿って歩いていけばすぐ着きます。(クリックで拡大)
b0123486_6212222.jpg

天神梅林会場の裏にある階段を下ります。頭上は八王子ジャンクション。
b0123486_20315398.jpg

小仏川の岸辺を湯の花梅林会場へ向かいます。
b0123486_20372054.jpg

春は名のみの風の寒さや〜 谷のうぐいす歌は思えど〜
早春賦の一節のような梅のツボミです。
b0123486_20401768.jpg

相変わらず道路は混雑しています。11時を過ぎてから混み出すみたいですね。
b0123486_20444351.jpg

天神梅林会場からわずか3分で湯の花梅林会場に着きました。近い!
b0123486_2046502.jpg

スタンプハイク受付には長い行列ができていました。
b0123486_20505745.jpg

4つ目。湯の花梅林会場で最後のスタンプを捺していただきました。
b0123486_20573012.jpg

4つ全部揃うと「済」のスタンプをいただけて、三角くじの抽選ができます。とんがれ!とんがれ!とんがれ〜〜〜!がくっ。残念ながら4等のティッシュでした。一人前の方は2等賞を当てていたのになぁ。
b0123486_2101259.jpg

模擬店を見ていきましょうか。レギュラーコーヒー100円。
b0123486_2125025.jpg

焼きそば200円、豚汁200円。会場によって値段はまちまちなんですね。
b0123486_2153728.jpg

こちらはリサイクル衣料品コーナー。当日は暖かかったので必要ありませんでしたが、去年のように寒くなると衝動買いしていたかも。
b0123486_2181531.jpg

雑貨コーナーは缶バッチ10円、アクセサリー50円から。
b0123486_21124775.jpg

100円の値札は携帯ストラップコーナー。
b0123486_21144552.jpg

USOPPとROBINって何だろうと思って検索したら、某有名マンガのキャラクターでした。
b0123486_21184698.jpg

お隣は生活雑貨コーナー。
b0123486_21221184.jpg

夫婦箸500円、木のお椀450円から、お弁当箱2000〜2300円。
b0123486_21254415.jpg

続いて手作り木工コーナーです。
b0123486_21281114.jpg

竹笛100円、カスタネット700円、バターナイフ250円、ミニカー800円。
b0123486_21312739.jpg

最後は昔懐かしいあめ細工コーナーです。個人的には一番おもしろかった。
b0123486_21335340.jpg

なぜなら…。左があんぱんマン、右はたぶんピカチュー。どちらも1本300円。近所の方が一生懸命作っていらっしゃるようです。
b0123486_21383994.jpg

干支のあめ細工も一生懸命です。左から順に未、申、酉。申は東照宮3猿の「言わざる」でしょうか。見ているとほのぼのしてしまいます。
b0123486_2143369.jpg

咲き方は樹によりまちまちでした。白梅は満開。この頃から薄曇りになりましたが、かえって梅の花の風情が醸し出されます。
b0123486_1358543.jpg

紅梅はまだツボミ。品種によっても咲く時期が変わるんでしょうね。
b0123486_1413631.jpg

湯の花梅林会場のトイレは仮設が2つ。ここも行列ができていました。梅まつり期間中は仮設トイレを置いてくれていますが、トイレの数自体が少ないので我慢して次の会場に向かうと悲劇です。高尾梅郷のトイレの数を数えてみたら合計10でした。

梅まつりイベント会場
●遊歩道小名路会場(遊歩道梅林)×1
●関所梅林会場×1
●天神梅林会場(高尾梅の郷 まちの広場)男性用×1・女性用×1
●湯の花梅林会場×2

その他梅林
●木下沢梅林×2
●小仏梅林(小仏バス停)×2(多機能トイレあり)
b0123486_1413353.jpg

これでスタンプハイク巡りはおしまい。後編ではもうちょっと足をのばして、年に一度だけ特別開放される木下沢梅林を見に行きました。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

高尾駅を出発したのは9時半でした。奥に行くほど混雑する高尾梅郷。はっ!今ごろになって気がつきました。皆さん、朝のバスで梅郷の奥まで移動して、高尾駅に戻るルートだったんじゃないかしら。それなら片道だけ歩けば済みます。なんてスマートな方法でしょう。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
高尾梅郷梅まつり(3話)
前編:スタンプハイク/遊歩道梅林〜関所梅林
中編:スタンプハイク/天神梅林〜湯の花梅林(当記事)
後編:年に一度の特別開放/木下沢梅林

高尾の梅の里(2話)
前編:西浅川児童公園〜遊歩道梅林〜天神梅林
後編:関所梅林〜荒井梅林〜湯の花梅林〜木下沢梅林〜小仏梅林

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2015-04-14 16:00 | 八王子見て歩記

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31