つぶやき/敵性語

敵性語ってなんだか変
戦時中の言葉狩り
b0123486_1537342.jpg

「だめ1つ!よし2本!」、「ワンボール・2ストライク」をこう呼んでいた時代がありました。今から74年前、昭和15年(1940年)ころのお話しです。交戦国となったアメリカやイギリスとの対立が深まるにつれ、英語を「軽佻浮薄」と位置づけて「精神論的に敵性にあたるもの」という考えから英語の敵性語排斥運動が進んでいきます。といっても法律的な根拠はなく、戦争に向かう中で高まっていくナショナリズムに押されて自然発生的に生まれたものでした。なので決して徹底されたものではなく、当時の雑誌や映画などにも英語が登場しています。「エンジンの音 ごうごうと 隼は行く 雲の果て」の加藤隼戦闘隊の歌にも英語が入っていますしね。

野球編

ベースボールを「野球」と命名したのは正岡子規。今でも使われている「打者」「走者」「四球」「直球」「飛球」などの日本語訳を発案しました。「まり投げて見たき広場や春の草 」「九つの人九つの場をしめてベースボールの始まらんとす 」など野球に関係のある句や歌を詠んだ作品も残っています。それにしても監督が「教士」で選手が「戦士」。読売ジャイアンツを「巨人軍」と呼ぶのは同じく敵性語の影響です。「軍」なら「戦士」で合ってるといえるかも。

プレイボール→ 始め
ストライク→正球、よし
ボール→だめ、無為、悪球
アウト→ひけ、無為、倒退
セーフ→よし、安全、占塁
ヒット→正打
ホームラン→本塁打
ファウルボール→圏外球
ファウルチップ→擦打
ファウル→だめ、圏外、もとえ
バント→軽打
スチールスクイズ→盗塁、奪走塁
ボーク→疑投
スクイズ→疑投打生還
フェアグラウンド→正打区域
ファウルグラウンド→圏外区域
コーチ→助令
ホ-ムチ-ム→迎戦組
ビジターチーム→往戦組
バッテリー→対打機関
タイム→停止
リーグ戦→連盟戦
監督→教士
選手→戦士
マネージャー→秘書
b0123486_16233290.jpg

飲食物編

意外と美味しそうな言い換えです。レストランのメニューに時々分からない料理がありますよね。カレーライス(辛味入汁掛飯)なんて書いてもらえると助かりそう。

サイダー→噴出水
フライ→洋天
キャラメル→軍粮精
コロッケ→油揚げ肉饅頭
カレーライス→辛味入汁掛飯
b0123486_16271013.jpg

楽器編

洋楽器の名称はかなり無理がありますね。サックスがなんで尺八なのか…。

ピアノ→鋼琴、洋琴
オルガン→風琴
アコーディオン→手風琴
ヴァイオリン→提琴
コントラバス→妖怪的四弦
サクソフォーン→金属製曲がり尺八
トロンボーン→抜き差し曲がり金真鍮喇叭
ティンパニ→半円鍋型ぎゅう縛り高低自在太鼓
b0123486_16334680.jpg

むしろ現代中国語の名称の方がスッキリしているように思えます。ピアノ〜アコーディオンまでは同じですが、コントラバス以降は風格ある名前です。さすが漢字発祥の地というべきか。

ピアノ→鋼琴
オルガン→風琴
アコーディオン→手風琴
ヴァイオリン→小提琴
コントラバス→低音提琴
サクソフォーン→薩克斯
トロンボーン→長號
ティンパニ→定音鼓

不動産編

最後にわが不動産業界です。今でこそ「ワンルーム」や「マンション」、「2DK」などカタカナが増えましたが、なきゃないで困らない。戦時中も外来語を使ってなかったんじゃないかしら。だって、ついこの間まで「コーポ山田」は「山田荘」だったわけですし。「キッチン」とか「バスルーム」を、それぞれ「台所」「浴室」と言い換えてもどなたにでも通じます。物件名くらいでしょうかね。
b0123486_16365574.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------------

敵性語ということで英語を排斥した戦時中。ちょっと考えてみても、相手の言葉が分からないのでは困ったんじゃないでしょうか。たとえばある前線では英語を聴き取りできる兵がひとりしかおらず、無線傍受で米軍の「Let's go!」を聴いた彼は「ボチボチ行こうか」のニュアンスで上官に伝えてしまいました。直後に空襲にあって大混乱。正しくは「突撃!」だったのです。あれだけ英語を排斥していた敵性語運動も、終戦後はジャズの大流行という結果になりました。楽しければ素直に認める、さすがはご先祖さまたち。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2014-12-09 16:00 | つぶやき

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28