花と山野草/バラ(前編)

八王子のローズガーデン(前編)
b0123486_856838.jpg

花の女王
ガーデニングブームの中で、園芸品種として圧倒的な人気を誇るバラ。現在では観賞用として栽培されることが多い花ですが、かつては精油・香水の原料やデザートの香りつけとして使われていました。今のように多彩な品種が作られはじめたのは19世紀中期ヨーロッパです。

見事なローズガーデンを作られた方がいるとお聞きして、見学に行ってきました。お訪ねした日は5月24日。ちょうど開花の最盛期で、みごとなバラのアーチのお出迎え。広いお庭一面に咲いたバラをお手入れしていたご主人が手を休めてお相手してくれました。
b0123486_10273586.jpg

誕生のきっかけ
このローズガーデンは3年前(2006年)の6月にスタートしたんです。元は竹林でした。最初は私の趣味であるゴルフのアプローチ練習用グリーンを作ろうと思って造園をはじめました。芝生を貼り終え養生して、ようやく使えると思った時に転機が訪れました。妻と二人で西武ドームで開催された第九回国際バラショーを見に行き、すっかりバラのとりこになってしまったのです。

出展されていたバラ育苗家の後藤みどり先生と話しがはずみ、帰りにはガーデニングのプロデュースまで依頼していました。先生は今から20年前にお父様から園芸店の経営を引き継ぎ、以来、バラ専門店とされたコマツガーデンの代表を勤められている方です。
b0123486_11382387.jpg


育成種類
バラの種類は3万種を越えるといわれますが、この庭に植えてあるバラのほとんどはイングリッシュローズです。日本では珍しい品種を中心に150種類前後をセレクトしました。特に力を入れたのは「スタンダード仕立て」。ノイバラを台木に他のバラを穂木として、接ぎ木で育てる仕立て方ですが、45種類揃えています。
b0123486_114534.jpg


八重咲きも多く植えました。アンブリッジローズ、ウィリアムシェークスピア2000、ウィリアム・モーリス、ジュビリー・セレブレーション、チャールズ・オースチンなどですね。(クリックで拡大、品種名をご覧いただけます)
b0123486_0581472.jpg


----------------------------------------------------

お庭全体のレイアウトは後編でご紹介します。
本来なら場所をご紹介したいところなのですが、お友だちや家族と楽しむためのプライベート・ガーデンだそうなので、残念ながら場所は非公開とのお約束でした。

----------------------------------------------------

→後編へ続く

ブログランキング・にほんブログ村へ

by u-t-r | 2009-07-07 18:21 | 花と山野草

UTR不動産です。八王子の歴史や暮らしをコツコツ取材しています。基本は「直接ご本人に会ってお話しを聞く!」。地元の話題が多いですが、どうぞお付き合いのほどを。


by UTR不動産
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31